トップ > 熱中症の予防 > 睡眠中の熱中症対策

睡眠中の熱中症対策

気温が高くなってくると、公共機関やテレビのニュースなどで熱中症への注意が呼びかけられます。

日中の日の当たるところでの活動や作業に関しては様々な対策が取られているものの、熱中症になる人の人数は減少していないようです。

実は、熱中症での死亡例としては、夕方から早朝にかけてが約4割というデータもあります。これは、日本の夏の高温多湿な寝室で、体の熱がうまく放熱できなくなり、熱中症が起こりやすくなってしまうということがあるようです。日中だけでなく、睡眠中の熱中症対策も必要だということです。

対策としては、まずは水分補給。寝ている間に発汗によって500mlもの水分が失われているとも言われ脱水状態になるとされます。水分補給をするといっても寝ている間は無理ですから、寝床に入る前に水を飲んだり、枕元に水を置いておき目が覚めたときに水分を取りやすくしておくなどの工夫をしましょう。

あとは寝室の温湿度。室温は28度くらいが目安とされますが、暑ければ扇風機やエアコンを利用することをオススメします。寝具も通気性、吸湿性のある綿や麻の素材のものが快適でしょう。

また外気を取り入れる場所(窓など)の外にすだれ、たてす、緑のカーテンなどを設置し、室内に入ってくる空気の温度を下げるなどの工夫も必要です。

熱中症の予防には、しっかりと睡眠をとっておくことも必要です。よりよい睡眠が取れるような環境づくりもしましょう。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
笑顔通販
笑顔通販では、健康で楽しく生活するためのお手伝いとなるような品々を紹介しています。
http://www.oshieyo.com
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この記事のカテゴリーは「熱中症の予防」です。
熱中症が起こりやすい状況を知っておくことで、予防しましょう。


関連記事

睡眠中の熱中症対策

日中だけでなく、睡眠中も熱中症になる可能性もありますから、対策は講じておきましょう。

暑さ指針

暑さ寒さの感覚は実際の体の温度とその場の環境温度の温度差によって決まります。 人...

暑さへの耐性

暑さへの耐性の個人差はかなり大きなものがあります。 体力的に弱い人、強い人、やせ...

衣服で防ぐ熱中症

体温の調整には体の表皮を覆う衣服によっても左右されます。 衣服の保温力は衣服の材...

水分補給2

汗を大量にかいたときは、自然的脱水と呼ばれる、なかなか水が飲めない症状がでること...