トップ > 熱中症ニュース > 長期予報

長期予報

気象庁は毎月25日に長期予報を発表しますね。

長期予報なので、詳細は不明な点が多いですが近年夏はどんどん暑くなっている傾向にあります。

メーカーの商品販売計画などもこうした長期予報をもとにして製造販売されるようですが、私たち一般人もこうした長期予報を知ることによって早めに準備することは可能です。

熱中症に関しても、気温が平年並みか暑い日が多いかでやはり対策できますね。

2017年の夏の予想

平均気温は、全国で高い確率50%です。降水量は、西日本太平洋側で平年並または多い確率ともに40%です。 6月 北日本と東日本日本海側では、期間の前半は、天気は数日の周期で変わるでしょう。期間の後半は、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。東日本太平洋側、西日本、沖縄・奄美では、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。 7月 北日本と東日本日本海側では、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。東日本太平洋側と西日本では、期間の前半は、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。期間の後半は、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。沖縄・奄美では、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。 8月 北日本では、天気は数日の周期で変わるでしょう。東・西日本と沖縄・奄美では、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。

暑さは平年より高い確率が40%となっています。平年並みか少し高いと考えておくべきでしょうね。

熱中症対策は、きちんとしておく必要があるということ。

こまめな水分補給が大切ですが、厚生労働省が熱中症対策として推奨するナトリウム摂取量は40~80mg/100mlとなっています。

その時の活動状況によって他のミネラル、栄養素も補給する必要があるとは思いますが、単にミネラルウォーターだけでなくナトリウムも摂れるようなものを用いる方が良さそうですね。

熱中症対策ドリンク


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
笑顔通販
笑顔通販では、健康で楽しく生活するためのお手伝いとなるような品々を紹介しています。
http://www.oshieyo.com
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この記事のカテゴリーは「熱中症ニュース」です。
熱中症に関するニュースを覚書していきます。


関連記事

長期予報

2017年夏の気象長期予報が出てますね。合わせて熱中症対策をしておきましょう。

熱中症セルフチェック

日本気象協会が公開した熱中症セルフチェックのコンテンツは、スマートフォンからも現在位置の熱中症危険度などが測定できます。

クールビズ

クールビズも熱中症対策として利用出来ますが、エアコンの設定温度は万人に適であるわけではありませんので気をつけましょう