トップ > 熱中症の予防 > 衣服で防ぐ熱中症

衣服で防ぐ熱中症

体温の調整には体の表皮を覆う衣服によっても左右されます。


衣服の保温力は衣服の材料、衣服の型および衣服の構成によって変化することは明らかで、材料によって含気性、通気性、保温性、吸湿放湿性あるいは吸水性が異なることも知られています。


つまり、保温力の低い衣服ほど熱放散性に優れているわけです。


直射日光の下では、外部からの幅射熱の吸収や遮断がとりわけ重要になります。


幅射熱が大きい場合には衣服による輻射熱量の調節も、体温の調節にとって重要となります。


人間の身体は発汗をしていない場合でも、熱放散の25%は皮膚表面からの水分蒸発によっています。


加えて運動時や高温下では大量の汗が出ます。


着衣時には汗は一旦衣服に吸収され、衣服の表面から蒸発します。


熱中症予防のために、暑熱環境下におけるスポーツ活動時の衣服は、保温力が低く、放湿性の高い衣服によって、体温の円滑な調節を助けるように工夫することが重要です。


最近では、素材が工夫され、放湿性の優れた素材も開発されています。


多少高価にはなるようですが、安全性からもそうした素材を採用することをお薦めします。


スポーツの種類によっては体を守るための防具をつけなければならないケースもあります。


こうしたものは、放湿性は低いのが普通ですから、休憩中には衣服をゆるめ、冷タオルで体を冷やしたりして熱放散を助け、体温を下げる工夫が重要です。


また、炎天下で行われるスポーツでは、帽子などによって直射日光を避けたり、サングラスを使用し目を保護することなどが望まれます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
笑顔通販
笑顔通販では、健康で楽しく生活するためのお手伝いとなるような品々を紹介しています。
http://www.oshieyo.com
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この記事のカテゴリーは「熱中症の予防」です。
熱中症が起こりやすい状況を知っておくことで、予防しましょう。


関連記事

暑さ指針

暑さ寒さの感覚は実際の体の温度とその場の環境温度の温度差によって決まります。 人...

暑さへの耐性

暑さへの耐性の個人差はかなり大きなものがあります。 体力的に弱い人、強い人、やせ...

衣服で防ぐ熱中症

体温の調整には体の表皮を覆う衣服によっても左右されます。 衣服の保温力は衣服の材...

水分補給2

汗を大量にかいたときは、自然的脱水と呼ばれる、なかなか水が飲めない症状がでること...

急な暑さには注意が必要

人間の体の暑熱環境への体温調節能力の対応は、暑さへのなれ(暑熱順化)が深く関係し...