トップ > 熱中症の症状 > 熱疲労

熱疲労

熱中症のうち熱痙攣よりも重い中等症です。


多量の汗をかいて、体内から水分と塩分の両方が失われるのが原因です。


疲労感、吐き気、めまい、虚脱感、頭痛(頭が重い)、失神などがいくつか重なって起こるほか、血圧が低下して、顔色が悪くなり、顔面蒼白になることもあります。


救急車を呼び、その間に応急処置を行いましょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
笑顔通販
笑顔通販では、健康で楽しく生活するためのお手伝いとなるような品々を紹介しています。
http://www.oshieyo.com
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この記事のカテゴリーは「熱中症の症状」です。
熱中症は病状によって大きく3つに分けられます。 あくまで参考として、自己判断はせず、熱中症が疑われる場合はすぐに医療機関に運びましょう。


関連記事

熱失神

熱失神とは熱射病の中で軽度なもので、「立ちくらみ」という状態で、脳への血流が瞬間...

熱射病

熱中症のうち最も重症な熱射病、死亡率も高いのでできるだけ早い処置が必要です。

熱疲労

熱中症のうち中等の症状と言われています。できるだけ早く医療機関で手当てを受けましょう。

熱中症1 熱痙攣

熱痙攣は熱中症のうち軽度のものと言われていますが、変化しますので医療機関での診察をうけましょう。