トップ >  栄養学で健康に! > 五大栄養素


五大栄養素

人が生命を維持するためには必要な栄養素は、約40種類あります。


これを大きく分けると、タンパク質、脂質、炭水化物(糖質)、ビタミン、ミネラルの5種類になり、これを5大栄養素と呼んでいます。


そして、これに食物繊維を加えて人間に必要な栄養素としています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
衛生用品販売サイト
体温計、マスク、花粉対策から介護衛生用品まで取り揃えております
http://www.oshieyo.com
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

タンパク質

タンパク質は、筋肉、臓器、骨、皮膚、血液、ホルモン、酵素、免疫物質などをつくる役割を果たしています。

たんぱく質は、約20種類のアミノ酸が結合してできている物質で、このうち9種類は体内で合成することができないので、食物から摂取しなければなりません。

この9種類のアミノ酸を「必須アミノ酸」と呼びます。

アミノ酸は、体内で常に分解、排泄が繰り返されているので、必須アミノ酸をバランスよく含んでいる良質のたんぱく質を十分に補給することが大切です。


脂質

脂質は、エネルギー源となるほか、ホルモンや細胞膜や消化に必要な胆汁酸の原料となったり、細胞の機能を十分に発揮させるのに欠かせない栄養素です。

脂質は、タンパク質や炭水化物(糖質)に比べると、1gで9kcalと、約2倍のエネルギーがありますから、脂質の摂取量が多いと、肥満のひとつの原因になってしまいます。


炭水化物

炭水化物(糖質)は体内に入ると、炭酸ガスと水に分解され、このときにエネルギーを生み出します。

このエネルギーが、からだを動かすエネルギーになります。

しかし、余分な炭水化物(糖質)は、中性脂肪となって体内に蓄積されてしまいますので、摂りすぎには注意が必要です。

ご飯が主食の日本人は、とかく炭水化物(糖質)が過剰になりがちですので、炭水化物(糖質)の摂取量をコントロールすることが大切です。


ビタミン

ビタミンはミネラルと同様に、生命活動のさまざまな化学反応を助けるという重要な役割をになっています。

また抗酸化作用など、栄養素以外の作用があることもわかってきました。

現在、ビタミンとして知られているものは、A、B1、B2、B6、B12、ナイアシン(ニコチン酸)、パントテン酸、葉酸、ビオチン、C、D、E、Kの13種類があります。

水溶性ビタミン(ビタミンB1・B2・B6・B12・C、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチン)と、脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)の2種類に大きく分けられます。

一日に最低限必要な量が「所要量」といい、とりすぎて過剰症を起こす限界を「許容上限摂取量」といい、この2つの間が適切な摂取量とされています。


食べ物から必要量を取るためには1日400gの野菜が必要といわれますが、調理損失を考えると多めに取る必要があります。


現在は食事で万遍なくとることは難しいので、サプリメント等と併用するととりやすいようです。


ミネラル

からだの構成材料として、また、からだの働きを円滑にするのに、欠かせない栄養素です。

必要量は少ないのですが、体内では合成できないので、食物から摂取する必要があります。

現在、わが国で摂取基準が定められているミネラルは、カルシウム、鉄、リン、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、銅、ヨウ素、マンガン、セレン、亜鉛、クロム、モリブデンなどです。


食物繊維

食物繊維は、以前は、消化も吸収もされないので、役に立たないと思われていました。

しかし実際には、腸の働きを整え、腸内のコレステロールなどを体外にすみやかに排出したり、糖分の消化吸収を抑制して、血糖値の上昇を抑えるといった働きをしています。

また胃の中で膨らむので、食べすぎを防いで、肥満などの予防に大きな働きをしている重要な栄養素なのです。

水溶性と不溶性の2種類があります。

これらの栄養素をバランスよく、しかも必要量を摂ることで人の体は健康を保ち、また十分にその機能を働かせることが出来ます。


栄養を摂取するときのポイントとしては、


日本人の食事摂取基準といわれる5大栄養素と食物繊維の1日に必要な摂取量を把握して、それを満たす量をバランスよく摂取すること。


もう一つは摂取カロリーをコントロールすることです。


カロリーは多すぎると肥満などを引き起こし、少なければ身体のコンディションを維持するのが難しくなってしまいます。

この記事のカテゴリーは「 栄養学で健康に!」です。
人間の身体に影響で最も大いと考えられるのは口から入る食べ物ではないでしょうか。 その食べ物の栄養について紹介します。
関連記事

葉酸

葉酸 【作用】 ほうれんそうから発見されたビタミン。 DNAの主成分である核酸の...

ビタミンK

ビタミンK 【作用】 出血時に血液を凝固させて、止血させる働きがある。 骨を丈夫...

ビタミンE

ビタミンE 【作用】 抗酸化作用がある。 活性酸素から身体を守り、がんや脳卒中、...

ビタミンD

ビタミンD 【作用】 カルシウムとリンの吸収を高めて、骨や歯を作る。 また、ビタ...

ビタミンC

ビタミンC 【作用】 コラーゲンの生成や副腎皮質ホルモンの生成に不可欠。 メラニ...