トップ >  年齢的に気をつけて健康に! > 嚥下障害 > 嚥下障害の症状


嚥下障害の症状

嚥下障害の症状

嚥下障害の症状としては、次のようなものがあげられます。

複数あったり、頻繁に見られる場合は受診が勧められます。

○ものが飲みこみにくいと感じる。

○食事中や食後に、せきが出たり、むせることが多い。

○食べたり飲んだりした後、たべものなどがいつまでも口に残っている。

○のどに食べ物が残った感じがある。

○がらがら声になる。

○食事中に疲れたり、食事の時間が長くなる。


しかし、健康な人でも時にはむせることがあります。

重要なのは症状の強さと頻度です。

体調が著しく低下する場合、症状が徐々に強くなる場合にはまず医療機関に相談し、耳鼻咽喉科、神経内科、リハビリテーション科、歯科、あるいは嚥下外来のある医療機関を受診してください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
衛生用品販売サイト
体温計、マスク、花粉対策から介護衛生用品まで取り揃えております
http://www.oshieyo.com
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この記事のカテゴリーは「 年齢的に気をつけて健康に!」です。
この記事のカテゴリーは「嚥下障害」です。
関連記事

嚥下障害

食べ物や飲み物は、口に取り込まれ、のどや食堂を通って胃に送られます。この一連の動きを嚥下といい、どこかに以上が生じて飲み込みにくくなり、うまく食べたり飲んだり出来なくなることを嚥下障害といいます。

嚥下障害の症状

嚥下障害の症状 嚥下障害の症状としては、次のようなものがあげられます。 複数あっ...

嚥下障害の検査

嚥下障害の検査は、嚥下障害の有無を問診や観察、異常の有無をふるいわける各種のスクリーニング検査で調べます。

嚥下障害の治療

嚥下障害の治療は、のみこみにくくなったり、誤嚥が起きるため、リハビリテーションが治療の中心になります。

誤嚥性肺炎

嚥下障害の患者さんは、飲み込むときに呼吸が乱れたり、痰を出す能力が低下するなど、呼吸機能に問題が起こりやすく、合併症として誤嚥性肺炎が起こることがあります。