トップ >  年齢的に気をつけて健康に! > 嚥下障害 > 嚥下障害の検査


嚥下障害の検査

嚥下障害の検査

嚥下障害の有無は問診や観察、異常の有無をふるいわける各種のスクリーニング検査で調べます。


○問診

症状や病歴などを確認します。


○食べる場面の観察

患者が実際に食べている様子を観察するほか、家族など周囲の人が観察した情報を参考にすることもあります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
衛生用品販売サイト
体温計、マスク、花粉対策から介護衛生用品まで取り揃えております
http://www.oshieyo.com
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

○反復唾液のみテスト

口の中を湿らせ、30秒間で唾液を何回飲み込める窩を数えます。

3回できれば異常なし、2回以下の場合は異常とされます。

○水のみテスト

冷水3ミリリットルを飲み込み、飲み込めるか、むせはあるか、がらがら声になるか、呼吸が変化するかなどを調べます。

3ミリリットルで問題なければ、30ミリリットルの水を飲んで調べます。


○食物テスト

ティースプーン1杯(3~4g)のプリンを食べ、むせなどを調べます。


これらの検査で嚥下障害があると認められた場合は、嚥下内視鏡検査、嚥下造詣などの専門的な検査を行い、患者が食べたときの咽頭などの動きやたべものの移動の様子を調べます。

検査により、症状の程度やどこに異常があるかが明らかになると、嚥下障害に対する治療の目標やリハビリテーションの内容が決められます。

同時に、原因となる病気に対する治療も行われます。

食べることは大きな楽しみです。

年だから、病気だからとあきらめず、詳しい検査を受けてみましょう。

この記事のカテゴリーは「 年齢的に気をつけて健康に!」です。
この記事のカテゴリーは「嚥下障害」です。
関連記事

嚥下障害

食べ物や飲み物は、口に取り込まれ、のどや食堂を通って胃に送られます。この一連の動きを嚥下といい、どこかに以上が生じて飲み込みにくくなり、うまく食べたり飲んだり出来なくなることを嚥下障害といいます。

嚥下障害の症状

嚥下障害の症状 嚥下障害の症状としては、次のようなものがあげられます。 複数あっ...

嚥下障害の検査

嚥下障害の検査は、嚥下障害の有無を問診や観察、異常の有無をふるいわける各種のスクリーニング検査で調べます。

嚥下障害の治療

嚥下障害の治療は、のみこみにくくなったり、誤嚥が起きるため、リハビリテーションが治療の中心になります。

誤嚥性肺炎

嚥下障害の患者さんは、飲み込むときに呼吸が乱れたり、痰を出す能力が低下するなど、呼吸機能に問題が起こりやすく、合併症として誤嚥性肺炎が起こることがあります。