トップ >  生活習慣を変えて健康になろう > 肥満が招く生活習慣病


肥満が招く生活習慣病

肥満が招く生活習慣病

生活習慣病にはいろいろありますが、中でも肥満が招く生活習慣病は数多いです。


高脂血症、高血圧、糖尿病がその代表例です。


そして、この3つの病気は、最初の数年間はまったく自覚症状がないのが特徴です。


しかし、そのままにしておくと、体が不自由になったり、最悪死んでしまう可能性もあるのです。


肥満の原因としては内因としては遺伝的要因があげられ外因としては 運動不足、不規則な生活時間、脂肪や糖分過多の食生活、喫煙による活性酸素の増加などの生活スタイルが挙げられる。

詳しくはこちら

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
衛生用品販売サイト
体温計、マスク、花粉対策から介護衛生用品まで取り揃えております
http://www.oshieyo.com
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

肥満が原因でおこる高脂血症(血液中のコレステロール・中性脂肪の量が多い状態 )、高血圧症(血圧が高い状態)、糖尿病(血液中のブドウ糖(血糖)の量が多い状態)それぞれが、動脈硬化を引き起こします。


動脈硬化とは、動脈の壁に悪玉コレステロールや死んだ細胞などがへばりついて、血管が細くなったり、もろくなったりした状態で様々な症状を引き起こします。


主なものは虚血(各臓器への血流が不十分になり、その部分が機能しなくなる状態)と詰まる・破裂(血液か行かなくなり臓器の壊死をまねく、体内で大出血を起こし場所によっては死をまねく)です。


脳で動脈硬化がすすみ脳卒中などの原因で脳細胞の一部が死滅し、脳血管性痴呆が起こるケースがあります。

また、脳卒中などの目立った症状がないまま毛細血管の動脈硬化がすすみ痴呆をおこすこともあります。


眼に症状が現れるものとして網膜の毛細血管が障害される糖尿病の合併症の網膜症があり、失明することもあります。


心臓を取り巻く冠動脈に動脈硬化が起こると、心筋に血液や酸素が届かなくなり機能障害をおこす狭心症を発症することがあります。


また、下半身に動脈硬化が起こると、歩くと下肢の痛みやシビレを生じる間歇性跛行(かんけつせいはこう)を起こすことがあります。


これは、50歳から70歳くらいの男性に多く現れます。


<PR>今までのダイエット法で何度も失敗してきた方にお勧め。自分に合ったダイエット法がわかります!

この記事のカテゴリーは「 生活習慣を変えて健康になろう」です。
関連記事

ダイエットの通信講座

◎ダイエット通信講座「生涯 痩せているための実践コース」のご紹介です。 ダイエッ...

ダイエットのマニュアル本

ダイエット方法もいろいろあります。 ダイエット方法をマニュアル本にしたものの紹介...

女性だけ!10日間無料体験ダイエット

銀座JMSダイエットが提供する10日間無料体験ダイエットの紹介です。 体験者には、専任カウンセラーが一人一人の体質・生活環境・食生活にあった無理のないダイエットを提案し、97.5%の成功率です。

その他の生活習慣病

生活習慣を原因とする病気は他にも多くあります。

肥満が招く生活習慣病

生活習慣病にはいろいろありますが、中でも肥満が招く生活習慣病は数多いです。