トップ >  生活習慣を変えて健康になろう > 三大生活習慣病の癌


三大生活習慣病の癌

三大生活習慣病の癌


何らかの原因によって、人間の正常な細胞が突然変異して癌細胞になり、限りなく急激に増えて腫瘍になる病気を癌といいます。


悪性新生物ともいわれています。


正常な細胞が癌細胞に突然変化する原因は、よく話題になる発がん性物質といわれるものです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
衛生用品販売サイト
体温計、マスク、花粉対策から介護衛生用品まで取り揃えております
http://www.oshieyo.com
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

悪性腫瘍(がん)の特徴に以下の3つがあげられています。


1)自律性増殖:がん細胞はヒトの正常な新陳代謝の都合を考えず、自律的に勝手に増殖を続け、止まることがない。


2)浸潤と転移:周囲にしみ出るように拡がる(浸潤)とともに、身体のあちこちに飛び火(転移)をし、次から次へと新しいがん組織をつくってしまう。


3)悪液質(あくえきしつ):がん組織は他の正常組織が摂取しようとする栄養をどんどんとってしまい、身体が衰弱する。


良性の腫瘍は上記の「自律性増殖」をしますが、「浸潤と転移」、「悪液質」をおこすことはありません。


増殖のスピードも悪性腫瘍に比べるとゆっくりしています。


臨床的には、圧迫症状をきたすことはありますが、外科的に完全切除すれば再発することはないとされています。


代表的な良性腫瘍としては、子宮筋腫、卵巣嚢腫(のうしゅ)、皮様嚢腫などがあります。


ただし、良性腫瘍の中でも脳腫瘍のごとく発生部位により重篤な状態になるものもあります。


がんの発生は食生活や喫煙などの生活習慣に深く関係しています。


がんは身体のどの部位にも発生する厄介な病気です。


最近では無症状のうちに定期検診で発見されることが多くなりました。


みぞおちあたりの痛み、吐き気は胃がんを疑い、血便、便潜血なら大腸がん、咳、血痰なら肺がん、不正性器出血、ピンクのおりものなら子宮がんを疑うなどありますが、定期検診をうけ、何か異常があれば精密検査を受けるほうが良いでしょう。


がんが発生する部位によって発見の方法は異なりますが、上記のほかに乳がんなら胸のしこりなどもあります。


平生から身体の状態には気をつけ、異常があれば検査が一番です。


<PR> 中高年の男性に急増している前立腺がんをわずかな血液で発見!
    わずかな血液と尿で前がん症状の萎縮性胃炎とピロリ菌抗体の有無をチェックします。
    日本人男性のがん死亡原因の1位。ヘビースモーカーの定期的な検診として。
    大腸がんの初期症状のひとつとされている微量の出血の有無を調べる。
    子宮けいがんを早期発見!!自分で検査できるので内診に抵抗のある人でも安心です。

この記事のカテゴリーは「 生活習慣を変えて健康になろう」です。
関連記事

ダイエットの通信講座

◎ダイエット通信講座「生涯 痩せているための実践コース」のご紹介です。 ダイエッ...

ダイエットのマニュアル本

ダイエット方法もいろいろあります。 ダイエット方法をマニュアル本にしたものの紹介...

女性だけ!10日間無料体験ダイエット

銀座JMSダイエットが提供する10日間無料体験ダイエットの紹介です。 体験者には、専任カウンセラーが一人一人の体質・生活環境・食生活にあった無理のないダイエットを提案し、97.5%の成功率です。

その他の生活習慣病

生活習慣を原因とする病気は他にも多くあります。

肥満が招く生活習慣病

生活習慣病にはいろいろありますが、中でも肥満が招く生活習慣病は数多いです。