トップ >  年齢的に気をつけて健康に! > アンチエイジング > 肌の老化


肌の老化

肌の老化は成長の止まる18歳頃から始まっているといわれています。


早い人では20歳代前半から衰えがみえはじめ、老化を防ぐことはどんなに頑張っても出来ません。


加齢とともに皮膚の細胞は少なくなり、お肌の張り・潤いの元となる真皮のコラーゲンが著名に減少していきます。


それがしわ・たるみの原因になるのです。


コラーゲンは肌細胞から作り出されます

加齢のために肌細胞の数が減り、肌細胞の活性も悪くなります。


そのため若いときのようにコラーゲンをたくさん作り出すことが出来なくなり、しわ・たるみが出現するのです。


つまり、しわ・たるみの対処法としては『肌細胞を増やし、コラーゲンの産生が増えれば肌に張り・潤いがでる』ということになります。

どのようにしたら肌細胞を増やし、活性化できるのでしょうか。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
衛生用品販売サイト
体温計、マスク、花粉対策から介護衛生用品まで取り揃えております
http://www.oshieyo.com
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

現在行われている対処法はいくつかあります。


スキンケア化粧品、エステ、サプリメント・・・


それでも満足出来ないとなると、後に残された方法は医療機関(美容外科、皮膚科)に行くしかないのが現状です。


美容外科に行くのは抵抗がある方も多いのではないでしょうか。


そこに新たな選択肢としてセルコラーゲントリートメント(再生医療)が加わりました。


セルコラーゲントリートメントって?

一言で言ってしまえば皮膚の再生医療
です。


セルコラーゲントリートメントは、ご自身の肌の細胞を「補充する」事で肌の張り・潤いを回復する治療法です。


ご自身の肌の細胞から肌細胞=真皮線維芽細胞(しんぴせんいがさいぼう)を抽出して培養し、減少した患部に直接補充するという治療法です。


ご自身の細胞を補充する治療ですので、安全性も高く効果・結果は極めて自然です。


即効性の効果よりも、自然にしわ・たるみを解消し、しかも将来の自分の衰えに対しても予防的効果を出したいというような方にはお勧めです。


また、セルバンクに登録しておけば、半永久的に肌細胞を保存することが出来ますので、いつでもその一部を解凍、増殖させ提携医療機関で、セルコラーゲントリートメント受けることが出来ます。

セルバンクをわかりやすく言えば、若いときにご自身の肌の細胞を銀行に預け、いつでも若いときの肌の細胞を引き出せる銀行のイメージです。


その肌細胞はセルコラーゲントリートメントとして、提携医療機関で、いつでも肌に補充することが出来ます。


セルバンクとは『自分の若い肌細胞』を保存しておくサービスです 。


セルバンクにご自身の肌細胞を保存することで、若い自分の肌細胞を半永久的に保存致します。


ただ細胞を保存するだけではありません。


実際に利用可能な医療を前提に保存して頂いているため、提携医療機関で繰り返し肌のセルコラーゲントリートメント(再生医療)をお受けになることが可能となります。


無料カウンセリングもあります。


セミナーもやっています。


第1回セミナーに引き続き、第2回セミナーでは肌の再生医療とは何かという内容です。


さらに、そもそも再生医療とは何か、を非常に判りやすくご紹介し、再生医療はどのような可能性を秘め、どのようなサービスを人類に提供できるのか、などをご紹介させていただくセミナーです。


第1回セミナー内容の技術的バックグラウンドをわかりやすく解説致します。


第2回セミナーの標題は

「肌の再生医療とエイジングケア」~再生医療とは何か?~

医師でもあり、再生医療、特に血管新生(再生)の研究者でもある東京農業大学応用生物科学部教授の田中先生をパネリストにお招きし、質疑応答時間をとらせていただいております。

■主催 :株式会社セルバンク (旧株式会社R&Dセルサイエンス・オプショナルメディコ)

■開催日 :平成18年10月2日(月)
■時間 :○15時~16時 ○19時~20時 (同一内容となります)

■料金 :無料

■場所 :三田NNホ-ル&スペ-ス (東京都港区芝4-1-23 三田NNビル地下1階)

■会場 :スペースB

■テーマ :「肌の再生医療とエイジングケア~再生医療とは何か~」
-- 講師 --
●北條 元治 先生 東海大学医学部非常勤講師、RDクリニック三田・院長
-- パネリスト --
●田中 越郎 先生 東京農業大学応用生物科学部教授
(第三者的な立場でコメントを致します)
●大星 茂樹 氏 (株)セルバンク 細胞培養技術支援室・室長
(細胞培養の専門的立場からコメントを致します)


お申込、お問合せは→セルバンク

この記事のカテゴリーは「 年齢的に気をつけて健康に!」です。
この記事のカテゴリーは「アンチエイジング」です。
抗加齢が医療として考えられるようになりました。
関連記事

肌の老化

肌の老化は成長の止まる18歳頃から始まっているといわれています。 早い人では20...

不老革命

是非ご一読ください。 「不老革命」朝日新聞社発行 作者の吉川敏一さんは世界のフリ...

アンチエイジング

ここ数年前からアンチエイジングという言葉を聞くようになりました。 医学的にも抗加...

加齢黄斑変性は、活性酸素が原因

活性酸素は多くの病気の因子として取り沙汰され、それが一つ一つ明らかになってきてい...