トップ >  年齢的に気をつけて健康に! > アンチエイジング > 不老革命


不老革命

是非ご一読ください。

「不老革命」朝日新聞社発行

作者の吉川敏一さんは世界のフリーラジカル学会会長。


来春から、同志社大学・立命館大学で生命工学・生体機能制御学・スポーツ医学系の学部があいついで新設されます。


いずれも従来からの医学部の延長ではなくいままでの医学生が学んでいない新分野の学問です。


米国では20年前に医薬だけの治療に頼らないアンチエージング医学会が発足しました。


背景は、医薬分野が20世紀になって石油化学系のロックフェラーやロスチャイルド財閥の支配下に入り、米国医師会もその影響を受けて米国全州で医薬以外の治療は禁止状態になってしまい、医薬以外の治療の実施はカナダやメキシコに行って施行される状態があったようです。


そんな中で医薬だけに頼らない、アンチエージングという考え方が生まれたようです。


今ではサプリメントも健康保険の適用を受けられる州も出現しています。


医薬以外の治療を適用するようになって10数年前から米国では癌が死因の第1位から第2位へ移行しました。


日本では未だに死因の第1位が癌ですが、日本でもアンチエイジング学会が設立され、ちょうど10年遅れでアメリカを追いかけているようです

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
衛生用品販売サイト
体温計、マスク、花粉対策から介護衛生用品まで取り揃えております
http://www.oshieyo.com
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
不老革命! 老化の元凶「フリーラジカル」と戦う法
不老革命! 老化の元凶「フリーラジカル」と戦う法吉川 敏一

朝日新聞社 2005-05-12
売り上げランキング : 139067

おすすめ平均 star
starベストセラーの予感『不老革命』

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


作者プロフィール


医学博士。京都府立医科大学卒業。81年、京都府立医科大学第一内科学教室助手。

米国ルイジアナ州立大学、東京大学先端科学技術研究センターで客員教授を経た後

95年、京都府立医科大学第一内科学教室助教授。2000年には同教授に就任。

03年から京都府立医科大学大学院医学研究科生体機能制御学教授。

日本過酸化脂質・フリーラジカル学会会長、日本フリーラジカル学会理事長に加え

05年にはフリーラジカル研究者の世界規模の組織、国際フリーラジカル学会の会
長に就任。

フリーラジカル研究をリードする世界的権威として知られる。

日本アンチエージング医学会副理事長。


日経BP企画

不老革命!
 「老い」は、体を構成する細胞自体が傷つき、死ぬことで進行する。細胞を殺す犯人である「フリーラジカル(反応性が高く不安定な原子や分子)」が引き起こす酸化反応を食い止めることができれば、理論上は130歳までピンピンしていられるそうだ。医師であり「フリーラジカル」研究の第一人者である著者が、「老い」の仕組みと防止のカギとなる「抗酸化力」の蓄え方についての最新知識を披露する。
 ガンや40代からの生活習慣病、肥満や加齢臭などは抗酸化物質を補うことで予防できる。まずはたばこや飲酒をやめ、睡眠不足やストレスを解消して抗酸化物質を増やすよう助言する。さらに有効な手立てとして、それらの物質を高濃度に含んだ「サプリメント」の摂取を奨励する。


出版社 / 著者からの内容紹介

誰にも止められないはずの究極の生命現象「老化」。人間が年を重ねるにつれ活力をなくし、数々の病苦に苛まれるのは、まさに「運命」とされてきた。しかし最新の医学は老化の真相にすら迫りつつある。老化のみならずガン、心臓疾患、脳卒中なども引き起こす元凶物質こそ「フリーラジカル」。日本を代表する研究者がフリーラジカルの正体とその対抗手段を明快に語る必読の一冊。

この記事のカテゴリーは「 年齢的に気をつけて健康に!」です。
この記事のカテゴリーは「アンチエイジング」です。
抗加齢が医療として考えられるようになりました。
関連記事

肌の老化

肌の老化は成長の止まる18歳頃から始まっているといわれています。 早い人では20...

不老革命

是非ご一読ください。 「不老革命」朝日新聞社発行 作者の吉川敏一さんは世界のフリ...

アンチエイジング

ここ数年前からアンチエイジングという言葉を聞くようになりました。 医学的にも抗加...

加齢黄斑変性は、活性酸素が原因

活性酸素は多くの病気の因子として取り沙汰され、それが一つ一つ明らかになってきてい...