トップ >  健康に関する情報 > 副作用で肺炎の恐れ


副作用で肺炎の恐れ

2006年5月26日 読売新聞より

「副作用で肺炎の恐れ:抗リウマチ薬、漢方でも」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
衛生用品販売サイト
体温計、マスク、花粉対策から介護衛生用品まで取り揃えております
http://www.oshieyo.com
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
神奈川県の60歳代の女性は約20年前に慢性リウマチと診断された。以後、様々な抗リウマチ薬を服用してきたが、効果が長続きしない。2004年1月、承認間もない新薬、レフルノミド(商品名アラバ)を飲み始めた。約2週間後、急に息苦しくなり、立ち上がることもつらくてできなくなった。近くの病院で、薬の副作用である「間質性肺炎」と診断された。(坂上博)

 間質性肺炎は、肺がん治療薬、ゲフィチニブ(商品名イレッサ)による副作用死が相次ぎ、緊急安全性情報が出された2002年ころから、注目を集めるようになった。気管支は細く枝分かれし、その末端は袋状の肺胞になっているが、この病気は肺胞と肺胞をつなぎ合わせる組織(間質)が炎症を起こす。病状が進むと肺全体が硬くなって、患者は呼吸困難で亡くなることがある。原因は、〈1〉薬の副作用〈2〉強皮症など膠原(こうげん)病の合併症〈3〉ウイルス感染〈4〉放射線治療〈5〉原因不明で難病に指定されている特発性間質性肺炎――がある。特に薬の副作用では、急激に症状が悪化して命を落とす危険がある。薬が肺の組織を直接傷つけたり、薬に対するアレルギー反応が起きたりして、炎症が発生すると考えられているが、詳細は不明だ。重大な副作用を起こす薬は限られている。添付文書で警告されているのは、抗がん剤、抗リウマチ薬、漢方薬など16成分(別表)。発症率は、薬により異なる。安全と思われがちな漢方薬でも、慢性肝炎治療や食欲不振などに使われる小柴胡湯(しょうさいことう)に死亡例がある。

副作用被害が急増してきたことに危機感を募らせた日本呼吸器学会は先月、薬による肺障害の診療指針を作った。それによると、主な症状は、たんが出ないせき、呼吸困難、息切れ。熱は出ることも、出ないこともある。このような症状が出たら、使っている薬をすぐに中止し、主治医に連絡する。特に症状が急激に悪化するのはアラバとイレッサだ。発症者のうち亡くなった人の割合はアラバが36%、イレッサが39%と非常に高い。イレッサは、〈1〉喫煙歴がある〈2〉過去に間質性肺炎を起こすなどして肺が硬くなる線維化を起こしている――と間質性肺炎が起こりやすい。服用開始から4週間以内での発病が多く、厚生労働省は、この期間、患者を入院させるよう指導している。アラバも含め、ほかの薬剤でも、投与開始3か月以内など比較的早期に発病する傾向が強いとされている。日本医大呼吸器内科教授の工藤翔二さんは「間質性肺炎の症状を悪化させないためには、まず、薬を中止し、早期の治療が重要」と話す。炎症を抑えるために、ステロイド(副腎皮質ホルモン)を大量に点滴するのが一般的だ。しかし、この治療では効果がない場合があり、最近、別の治療法も試みられている。静脈から血液を抜き出し、フィルターを通して炎症細胞などを吸着・除去した後、体内に戻すものだ。現在、その有効性を確かめる研究が続けられている。患者としては、副作用を起こしそうな薬を使っている場合、常に体調の変化に注意することが大切だ。

発症率高い日本人 近年、新薬の承認で、有効性や副作用について欧米の臨床試験結果を参考にするケースが増えている。優れた薬を早期承認するのが目的だが、欧米人と日本人では、副作用の現れ方に差があり、そのことが間質性肺炎の被害を広げたと指摘される。日本は欧米と比べて、間質性肺炎の発症率がアラバは106倍、イレッサは19倍と高く、日本人はこの肺炎を起こしやすい体質があるとの見方がある。このため、現在、肺炎と関連がある遺伝子の研究が行われている。信州大呼吸器内科教授の久保恵嗣(けいし)さんは「早期承認は患者にとって望ましいことだが、危険もあるので、新薬は慎重に使いたい」と言う。
この記事のカテゴリーは「 健康に関する情報」です。
健康に関するニュース、記事など情報を集めて紹介します。
関連記事

野菜栽培、はり治療…LED用途探る シーシーエスが京に研究拠点

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?m...

広がるタクシー禁煙「東京のタクシー全面禁煙 全国12万台、15都県に拡大」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=200801...

救急救命法

救急救命法が見直しされました。

安い酒には理由がある

夕方7時ごろの電車に乗ると、私のようなおじさんがおつまみを片手に、お酒を飲んでい...

ミュージックセラピー

お祭りの豪壮な太鼓の音、ロックミュージックの痛快なギターやドラムのサウンド、クラ...