トップ >  年齢的に気をつけて健康に! > メタボリック・シンドローム > メタボリック・シンドロームの仕組み


メタボリック・シンドロームの仕組み

内臓脂肪が溜まる大きな原因は、食べ過ぎや運動不足です。


内臓脂肪が溜まって肥満になると、脂肪細胞が大きくなり、インスリン抵抗性を起こす物質を分泌するようになります。


それによって糖尿病や高血圧、高脂血症が引き起こされると考えられています。


インスリン抵抗性とは、膵臓で分泌されるインスリンというホルモンがうまく働なくなり、細胞が血液中の糖をうまく取り込んでエネルギーに変えることが出来なくなった状態をいいます。


インスリン抵抗性が起こると、血液中の糖は使われずに溜まっていくため、血中濃度が高くなります。


これを高血糖と呼び、この高血糖の状態が慢性的に続くのが糖尿病です。


一方、高血糖がおこると、血液中の糖の濃度を下げようとして、膵臓からより多くのインスリンが分泌されるようになります。


そして、血液中のインスリン濃度が異常に高くなる「高インスリン血症」が起こってきます。


こうなると、腎臓でいったん濾過されたナトリウムの再吸収が促進されて、血液中のナトリウム濃度が上昇します。


すると、濃度を一定に保とうとして、血液中の水分が増加して血液の量が増えます。


その結果、血管壁にかかる圧力が高くなり、高血圧が起こってきます。


また、インスリン抵抗性が起こると、血液中の中性脂肪を分解する酵素の産出妨げられます。


そのため、血液中の中性脂肪が増えて、高脂血症の一種である高中性脂肪血症を引き起こします。


さらに、中性脂肪が増加すると善玉のHDLコレステロールが減少して、低HDLコレステロール血症も起こってきます。


また、内臓脂肪が増えると、肝臓での中性脂肪の合成がすすみ、高中性脂肪血症につながります。


このように内臓脂肪の肥満は、糖尿病、高血圧、高脂血症の引き金になります。


メタボリック・シンドローム、そして、動脈硬化を防ぐためには、内臓脂肪を減らすことが重要なのです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
衛生用品販売サイト
体温計、マスク、花粉対策から介護衛生用品まで取り揃えております
http://www.oshieyo.com
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この記事のカテゴリーは「 年齢的に気をつけて健康に!」です。
この記事のカテゴリーは「メタボリック・シンドローム」です。
今話題のメタボリックシンドロームについて紹介しています。
関連記事

お酒を鍛えて強くなった人の「なりやすい病気」

ほとんどお酒が飲めなかった人が仕事がらみで日常的に飲んでいるうちに段々強くなっ...

メタボリック・シンドローム

複合生活習慣病(メタボリック・シンドローム)とは、動脈硬化を促進させる、高血圧や...

メタボリック・シンドロームの生まれた背景

従来、動脈硬化は、高脂血症や糖尿病、高血圧といった危険因子がそれぞれ単独で作用し...

メタボリック・シンドロームの仕組み

内臓脂肪が溜まる大きな原因は、食べ過ぎや運動不足です。 内臓脂肪が溜まって肥満に...

メタボリック・シンドロームの治療

メタボリック・シンドロームは内臓脂肪型の肥満と、複数の軽症の生活習慣病が重なった...