トップ >  生活習慣を変えて健康になろう > 健康食品で健康に! > 大豆イソフラボン健康食品


大豆イソフラボン健康食品

大豆イソフラボン健康食品、14商品が摂取上限量超えるという報告が国民生活センターからあった。


2006年06月22日 国民生活センターは、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)や乳がんの予防効果があるとして人気の「大豆イソフラボン」を含むとされる健康食品24商品を調査したところ、14商品で1日の摂取目安量が、食品安全委員会が特定保健用食品を対象に定めた摂取上限量(アグリコン量換算で30ミリグラム)を超えていたと発表した。


摂取目安量が上限量の2倍以上のものもあった。


14商品は「イソフラボーン」(サンウエル)、「黒ごまイソフラボン」(ケイセイ)、「豊年大豆イソフラボン30」(J―オイルミルズ)など。


同センターが14商品の製造・販売業者にアンケートしたところ、4商品は生産を終了するか販売中止予定、9商品は摂取目安量を上限量以下に変更することなどを検討中で、変更の予定がないのは1商品だけだった。


大豆イソフラボンは摂取しすぎるとホルモンバランスを崩す恐れがあり、食品安全委は、1日の摂取上限量を決めている。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
衛生用品販売サイト
体温計、マスク、花粉対策から介護衛生用品まで取り揃えております
http://www.oshieyo.com
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この記事のカテゴリーは「 生活習慣を変えて健康になろう」です。
この記事のカテゴリーは「健康食品で健康に!」です。
いろいろな健康食品があります。話題になっているものを調べた上で紹介します。
関連記事

中高年にお薦めのビタミン

中高年にお薦めのビタミン ビタミンには、生活習慣病などを防ぐものもある。 アンチ...

何故総合ビタミン剤が必要か

規則正しい食事と不足気味の栄養素の栄養補助食品での補填、十分な睡眠、きれいな水、軽い運動が、健康な生活を維持する条件です。

大豆イソフラボン健康食品

大豆イソフラボン健康食品、14商品が摂取上限量超えるという報告が国民生活センター...

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、妊婦や子には推奨できずと 食品安全委員会から報告されました。...